2019年1月 タイの旅⑤ 緑&ピンクのカオマンガイ

タイ

タイのバンコクで美味しいと評判のクワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム(通称緑のカオマンガイ)ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(通称ピンクのカオマンガイ)を食べてきました。

カオサンから行き方

民主記念碑のある大通りから2番の路線バスCentral World向かいのBig Cで下車。

料金は6.5バーツ。

 

バスを降りたら、来た方向へ向かって歩き運河を渡ります。運河を渡った先の大通りがペチャブリー通りです。

右折してすぐあるのがクワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム(通称緑のカオマンガイ)で、そこから50mほど行った先、Soi30の標識のところにあるのがラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(通称ピンクのカオマンガイ)です。

 

ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(通称ピンクのカオマンガイ)

店員がピンク色のユニフォームを着ているのですぐにわかります。

 

10:00前に到着し、65%ぐらいの客つきでした。

オーダーしたのは当然カオマンガイです。

40バーツ。

 

さすがに噂になるだけあってウマイ!

ご飯も鶏肉もふんわりしていてやわらかい。

 

クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム(通称緑のカオマンガイ)

せっかなので、昼食はクワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム(通称緑のカオマンガイ)でカオマンガイを。

ピンクのカオマンガイと同様にカオマンガイを注文。

美味しいには美味しいけど、何か違和感を感じる….特に鶏肉に。

店内には、日本語で説明されているポップとかが飾ってありました。

創業が1932年だって。

 

まとめ

私は雑食系で、屋台の飯ですらウマイウマイといって食べる人間です。

 

あくまで、私個人の感想ですが、ピンクのカオマンガイは美味しかったですが緑のカオマンガイに関しては、うまく説明できないが鶏肉に違和感を感じました。

 

正直な話、カオサンから時間をかけて行かなくても、屋台で見かけれカオマンガイで私は満足です。

 

他人に私の趣味や味覚を押し付ける気はないですので、是非、自分で足を運んで味を確認してください。

 

 

ブログ訪問ありがとう御座いました。

安全な楽しい旅行ライフを!

コメント