2019年6月 山西省大同の旅① 北京国際空港から大同への移動

中国

北京国際空港から世界遺産である【懸空寺】と3大石窟寺院のひとつ【雲崗石窟】の大同までの行き方の紹介です。
*残りの3大石窟寺院は敦煌の【莫高窟】洛陽の【龍門石窟

 

セントレアからエティハド空港を利用するので、北京へは深夜到着になるのでいきなり空港泊からスタート。

北京国際空港での空港泊

国内線ロビー

以前に敦煌へ行った時は、国内線ターミナルで空港泊をしました。
  
空港泊をしている人は多くて、特に危険な感じはありませんでした。
イスも場所によっては肘掛がなく寝転がれるところがありますが、早い者勝ちです。

中国なので給湯器もあるので、カップ麺を持参しておくと良いでしょう。
コンビにも空港内にあります。

荷物管理のために、必ずワイヤーで荷物をイス等に固定しましょう

 

国際線ターミナル3の到着ロビー

空港泊をしている人が多く、さらに警察も巡回しているので危険はない感じです。
  
肘掛のあるイスと無いイス、木製のベンチ等もあるのでとレジャーマット等を持っているなら快適に寝れます。

 

 

深夜にかかわらず、頻繁に到着便があり人の往来は多いので荷物管理を忘れずに!


コーヒーショップやラーメン屋が24時間オープンしています。 

 

 

北京国際空港から大同への行き方

エアポートエクスプレス ⇒ 地下鉄 ⇒ バスで大同へ移動

Airport Expressの看板に従ってキップ売り場へ向かう。
*ターミナル3は6:20が始発

 

券売機または窓口げ切符を購入。(25元)

 

 

エアポートエクスプレスで三元橋まで行き、地下鉄10号に乗り換え六里橋駅で下車。

地下鉄の料金は5元。

内回りと外回りでほぼ差がないので、来た地下鉄に乗ればいいです。

六里橋駅まで約1時間

 

六里橋長途客運站の案内板またはLIULIQIAO Transport Hubの案内板に従ってC出口を目指します。

 

 

C出口を出れば、バスターミナルへの入り口の案内板があり。

 

大同までの切符の購入

窓口でパスポートを提出して購入。

 

大同までは145元

バス番号14339:40発 ⇒ 14:33大同着座席指定14番のバス。

 

バスターミナル施設内

 

食堂あり、売店あり、自販機あり、トイレあり一通り揃っている。

トイレは必ずトイレットペーパーを持参するように。

 

バス & 到着場所

時間通りにバスが到着。

 

可もなく不可もなくの普通のバス。

走行中は、シートベルトは必ず着用です。

出発前にドライバーが確認します。

 

12:30頃にトイレ休憩で20分ほど停止。

 

予定時刻より約50分遅れの15:20に新南公路客運站に到着。

 

 

新南公路客運站から市内

バスを降りるとタクシーの勧誘があります。

ドライバーの言い値は、市内 (城壁内)まで30元

 

バスは、30路等のバス (3元)で最寄り駅で降車し徒歩。

 

まとめ

移動日がたまたま土曜日だったからかバスは混雑していました。

 

8:00頃に六里橋長途客運站へ到着したが、バスの出発は9:40で1時間40分待ちを食らった。

私が乗ったバスは満員で空席なしであった。

 

列車は、当日の朝にキップが購入できるか不明であったので今回はバスで行きました。

 

 

ブログ訪問ありがとう御座いました。

安全な楽しい旅行ライフを!

コメント