2019年6月 カザフスタンの旅⑦ 寝台列車でアルマトイからアスタナへ

アルマイト

アルマトイの次の目的地であるアスタナへ寝台列車で移動しました。

 

出来れば、アスタナ ⇒ アルマトイ ⇒ シムケントと移動したかったが、ウルムチから列車移動のためにアルマトイ ⇒ アスタナ ⇒ シムケントという旅程になってしまいました。

 

列車の切符の購入

Almaty-2の駅に行き切符を購入します。

 

空いている窓口に”Can you speak English?”と聞けば、英語がわかる窓口を指差してくれました。

 

後は、行き先と日にちを伝えれば購入可能な列車の時刻とクラスを教えてくれます。

私の場合、移動日の3日前の購入で高速列車のVIPの一番高いクラスの座席 (ベッド)しか空きがありませんでした。

料金はKZT17171

*パスポート提示が必須です

 

 

窓口の方は親切に、アルマトイでの乗車日時、アスタナへの到着日時、列車番号、車両番号、座席番号を説明して丸印をしてくれました。

アルマトイからアスタナへ

乗車当日は、発車時間の30分以上前から乗車が可能でした。

 

電光掲示板にホームの番号が表示されるが、アナウンスはすべてロシア語のために意味不明。

適当にスタッフを捕まえて切符を見せて確認した。

 

列車内

 

 

 

列車内での飲食は可能だがワゴンサービスは無し

5号車がレストランと言われた。

 

きれいな虹が見えた

 

夕日

 

まとめ

国内列車のためか切符の購入はスムーズでした。

列車の切符の購入は早めにすること!とゲストハウスの人に言われたとおり、VIPクラスの高い切符しか残っていなかった。

 

担当のコンダクターと同室のカザフスタン人が親切な方達で、片言の英語や翻訳アプリでいろいろ説明をしてくれた。

 

出発も到着もほぼ予定通りであった。

列車内はVIPクラスとあって清潔に保たれているが、寝心地はイマイチであった。

上段ベッドのためか揺れがひどく何回か起きたのを覚えている。

 

 

ブログ訪問ありがとう御座いました。

安全な楽しい旅行ライフを!

コメント