2019年1月 マレーシアの旅③ マレーシアのSIMとペナン島からクアラルンプールへの移動

ペナン島

正直言って、ペナン島は1泊2日の滞在日数でよかったかも。

結構な時間を持て余してしまった!

 

この記事は、マレーシアのSIMカードの購入とペナン島からクアラルンプールへの移動です。

 

マレーシアでのSIMカード

バンコクのファランポーン駅から寝台車でパダンべサール駅パダンべサール駅からKTMでバターワース駅バターワースからボートでペナン島へ来たので、SIMカードを買う暇が無かったのでペナン島のジョージアタウンで購入。

 

リトルインディアのそれらしい店で聞いたが、インド人に面倒くさがれたのか、端末の回線が良くないので無理!と断られた。それも数件!

 

”あいつらは英語が話せるんだからちゃんとしろよ!”と思った。

 

まあ、仕事で8年ほどインド人とかかわりあったことがあるが、こんなものかなぁ。

誤解だけはしないように、良いインド人もいっぱい知っていますので。

 

結局、コンビニが“Digi””Hot Link”のポップを掲げていたので、コンビにで購入。

マレーシアには10日以上滞在する予定と伝えると、“Hot Link”の6G/30日がおススメと言われたので、それで決定。

 

 

最近は、設定という設定がないので簡単。

開通後のマレーシア語のSMSメッセージを英語で説明してくれて、ためしにネットサーフィンをし問題ないことを確認。

マレーシア人はやぱっり優しいなぁ。

 

料金は、SIMカード代で10リンギッド6G/30日のLoad代で40リンギッド計50リンギッド

 

ちょっと高いかなと思ったけど、ゲストハウスのWifiが遅かったので購入を決心。

 

ペナン島からクアラルンプール

ペナン島からバターワースまで

Pangkalan Raja Tun Uda Ferry TerminalからPangkalan Sultan Abdul Halim Ferry Terminal (バターワース駅)までフェリーで移動。

 

料金は無料!

ペナン島からのフェリーはタダ! 

 

バターワースからKL セントラル (クアラルンプール)

KTM

バターワースからKLセントラルへ列車は、1日4本のみ

結構な確立で満席になるようなので、前もってオンラインブッキング (http://www.ktmtrain.com/)

旅行会社に依頼して予約することをおススメ!
 
 
時刻表
バターワース(BuuterWorth)発 クアラルンプール(KL Sentral)着
0:45 9:30
06:13 10:40
07:25 12:03
16:25 20:50
19:45 0:06

エクスプレスバス

各社が1時間に1本の割合で運行しているので、KTMが取れなくてもバスでクアラルンプールへ行けます。
 
オンラインブッキング
私は、下記のサイトからオンラインブッキングをしました。

料金は38リンギッド。

 

オンラインブッキング完了後は、登録メアドにチケット情報が送られてきますので、当日にPenang Sentralチケットに交換する必要があるのをお忘れなく!

 

Online Code

チケット

 

交換場所はBUS TICKETING COUNTERの9、10番の窓口。

 

当日購入

BUS TICKETING COUNTERまたはSelf Service Ticketing System (券売機)で購入が可能。

朝一(7:00頃)は、BUS TICKETING COUNTERの窓口はほとんど係員がいなかった。

 

Self Service Ticketing System (券売機)の使用方法

購入の流れとしては、

1.Search Trip (Date:日付、From:出発地、To:目的地、BUS:種類)

2.Select Trip (バスの選択)

3.Select Seat (座席指定)

4.Confirm Trip (確認)

5.Customer Information (乗客情報入力)

6.Payment (支払い)

 

休憩と乗車時間

1.休憩

  イポー (Ipoh)のTerminal Amanjayaで20分の休憩 (Penang Sentralを出発して2時間後)

2.所要時間

  約5時間 (9:00出発、14:00着)

 

バス車内

1列&2列で全30席。

一人旅なら、迷わず1列側を予約すべし!

車内はかなり寒いので、長袖長ズボンが必要

アジアの長距離バスによくある、ナゾの音楽をがんがんにかけることは無かったです

 

まとめ

長距離バスの旅は思ったより快適でした。

 

オンラインブッキングで謎なのが、前日の予約時は残り3席だったのに、Penang Sentralからは私を含め2人、Ipohからは2人の計5人であった。

オンラインブッキングは席の数が決められているのかなぁ?

 

オンラインではKTMが満席とでたので長距離バスを利用したのだが、ひょっとして窓口で購入できたかも。

 

Penang Sentral内のお店の開店時間が遅すぎる!

7:30前は、インド料理店のみがオープン。

7:30になってKFCがオープンし、8:00になってセブンイレブンがオープン。

 

 

ブログ訪問ありがとう御座いました。

安全な楽しい旅行ライフを!

コメント