2019年5月 台湾一周列車の旅⑤ 台北から花蓮(Hualien)へ移動

台湾

台北から花蓮へTRAの列車の旅スタート。

 

台北から花蓮までの切符

台湾に来る前日に日本からオンラインで予約/購入済み。

オンラインでの予約/購入方法は、2019年5月 台湾一周列車の旅①を確認ください。

 

前日に、印刷したバウチャーとパスポートを持って、台北駅のカウンターでチケットの発券をしてもらいました。

 

発券後に、日時の確認をするように言われました。

 

自強212号、9:01台北発、12:01花蓮到着。

席は6号車の18番シート。(オンライン時に窓際指定済み)

料金は440TWD。

 

台北駅で駅弁の購入

台湾と言ったら駅弁で有名。

それも暖かい状態で販売されており、安くて美味いと評判。

 

やはり有名どころの台鐵便當本舖の1号で購入。

 

8:40に行ったら、8:30からのオープンだったらしく弁当は1種類しかありませんでした。

70TWD…安い、そしてホッカホカ状態

 

70TWDでこのボリューム。

味も文句なし。

 

TRA 自強

ホームは十分に行った時と同様に4番。

念のために電光掲示板でスケジュールを確認。

 

これで一安心。

 

車内は清潔でリラックスできる環境であった。

2点問題があり、テーブルが無いのとドリンクホルダーが窓側に2つついており通路側の席の人が使いずらいことである。

 

ゴミは頻繁に回収してくれるので捨てに行く必要がなかった。

 

 

隣の席の台湾人のおばちゃんが日本大好きで話が弾んだ。

娘も好きで、戸隠に行った時の写真を見せてもらった。

 

生憎の雨天のために外の景色はそこまで楽しめませんでした。

天気が良ければ、写真でも撮っていたかもしれないが結構な雨であったのが残念でした。

 

ほとんど遅れることなく12:02に花蓮駅に到着。

 

まとめ

取り敢えずは快適な列車の旅でした。

 

現地の人と交流が持てることも列車の旅の一部で好きです。

 

 

ブログ訪問ありがとう御座いました。
安全なら楽しい旅行ライフを!

コメント