2019年2月 ベトナムの旅④ クチトンネル

ベトナム

ベトナム戦争時にゲリラ戦の本拠地として造られた、全長250kmの地下トンネルのネットワーク。

 

クチトンネルの内部は、三層構造(第1層:約地下3m、第2層:約地下6m、第3層:約地下10m)なっており生活ができる施設が造られていた。

 

ツアーに参加せずに、自力で路線バスを乗り継ぎクチトンネルまで行きました。

クチトンネルへの行き方

GA HKXB Sai Gon-CV 23/9 Lê Lai から Bến xe Củ Chi 

9月23日公園の端にあるGA HKXB Sai Gon-CV 23/9 Lê Laiのバスターミナルから13番の路線バスにのり終点のBến xe Củ Chi のバスターミナルまで。

 

料金は10000ドンで所要時間は約90分。

 

 

 

Bến xe Củ Chi から クチトンネルまで

Bến xe Củ Chi のバスターミナルから79番の路線バスクチトンネルのゲート前まで。

ドライバーまたは添乗員にクチトンネルへ行くことを伝えておけば大丈夫!

料金は6000ドンで所要時間は約35分。

 

 

クチトンネルの降車位置は下の看板のところでした。

 

クチトンネル

入場料は90000ドン。

 

まず、10分間のビデオを見させられます。

その後に、ガイドと一緒にクチトンネルへと行きます。

1.トンネル内からの攻撃

 

細い隙間から敵を攻撃!

 

2.クチトンネルの出入り口と内部

 

枯葉の下に隠されていて見つけずらい。

実際にここからクチトンネル内に入る体験ができます。

内部は狭く、かがんだ状態での移動になります。

 

3.空気孔

トンネルというだけに地下に造られているので、空気孔もあります。

 

4.トラップ

トラップは殺すためではなく、怪我をさせ戦線離脱させるためのものであったそうです。

 

5.タピオカ芋の試食

ツアーの最後に、戦時中に食べられていたタピオカ芋の試食がありました。

ピーナッツ砂糖につけて食べますが、サツマイモみたいで意外に美味しかったです。

 

 

展示物

飛行機、ヘリコプター、戦車等が展示されています。

戦車の上に乗ったり、ヘリコプターの操縦席に乗って写真撮影が可能です。

 

 

 

まとめ

自力で行くのは安い (往復で\150ぐらい)が、時間がかかりすぎ (約2時間半)です。

同じバスではなかったが、何人かの白人の観光客もバスで来ていました。

 

街のいたるところで受け付けているツアーに参加しても5ドルぐらいですので、ツアーに参加したほうが良いかも知れませんね。

 

 

ブログ訪問ありがとう御座いました。

安全な楽しい旅行ライフを!

コメント