2019年2月 ベトナムの旅⑳ ニャチャンその1 ニャチャン大聖堂 & 隆山寺

ニャチャン

ビーチ、ダイビングスポット、沖合の島々で知られているベトナムを代表するビーチリゾート。

 

ビーチだけではなく、歴史的建造物のポーナガール塔ホンチョン岬ニャチャン大聖堂隆山寺など観光スポットもあります。

ホイアンからニャチャン

ホイアンには南北統一鉄道の駅が無いので、列車で行きたい場合はダナンから乗ることになります。

 

一般的な行き方は、ホイアンからはバスでニャチャンへ行きます。

私が乗ったスリーピングバスは、17:00発、翌朝の6:00着予定でしたが、トイレ付きのスリーピングバスの為に23:00頃の30分休憩のみでほぼノンストップで走り続けていました。

 

したがって、2時間早い朝4:00にニャチャンへ到着となりました。

 

バス内のトイレはかなり汚かったので、女性にはおススメ出来ません。

まあ、休憩所のトイレも汚いと良く聞きますが。

 

ニャチャン市内の散策

ゲストハウスで7:00頃まで休憩をさせてもらい、荷物を預けて朝っぱらから散策に出かけました。

 

朝食にニャチャン名物のブンスア

ゲストハウスから近いということで、ダム市場のすぐそばにある有名店NAM BEO (ナムベオ)で朝食を。

 

こちらの店のブンスアは、魚のすり身揚げのチャーカーとコリコリとした食感のスア(クラゲ)が添えられています。

 

スープは魚の出汁が良く出ており、余分な調味料を加えなくても美味い。

チャーカーがピリ辛で美味い。

夜は、チャーカーをつまみとしてビールを飲みたいものである。

 

大サイズを頼んだので、料金は35000ドン

 

ニャチャン大聖堂 (Cathedral of Christ the King)

 

南北統一鉄道のニャチャン駅前の丘の見晴らしのよい場所に立つゴシック様式の教会。

入場料 (20000ドン)は寄付という名目でDonation Boxにいれるので、おつりはありませんのでご注意を!

 

こちらの写真は、向かいのカフェの3階席から撮影したもの。

 

教会前の坂の両脇には聖ヤコブなど、聖書に登場する聖人像が30体以上並んでいる。

 

 

教会の前で、結婚式用の写真を撮影中。

 

教会の内部の写真。

 

 

涼みを兼ねて30分くらい内部にて心を落ち着かせてから次の目的地へ。

 

隆山寺 (Long Son Pagoda)

 

120年の歴史を誇る仏教寺院で、足裏に卍を施した涅槃仏や頂上に真っ白な大仏さんがそびえている。

 

正面の門

タクシーの客引きらがうざいほどいる。

 

お寺の後ろにまっしろな大仏さんが見える。

 

足裏に卍が施されている涅槃仏。

 

 

頂上にそびえたつ大仏さま。

 

 

敬虔な信者さんがたくさんいたが、皆がジュースやビールの箱に鳥を数羽いれて持ち運んでいた理由が不明である。

聞いてもベトナム語で何かを言われただけでした。

 

ニャチャンビーチ

ニャチャンに来たので、せっかくだからビーチでも。

1月にフィリピンのボラカイ島に行ってきたので、あまり美しくない!

 

うっとしい物売りもいなく、夜は夕涼みには最適な場所です。

 

 

まとめ

ビーチが目的ではなかったので、数少ない観光場所を巡ってきました。

 

これ以外には、有名なポーナガル塔やホンチョン岬も観光してきました。

次回の記事で紹介します。

 

 

ブログ訪問ありがとう御座いました。

安全な楽しい旅行ライフを!

コメント