2019年2月 ベトナムの旅㉓ メコンデルタツアー

ベトナム

ホーチミンから日帰りメコンデルタツアーに参加しました。

内容は、永長寺 (Vinh Trang Temple) ⇒ ハチミツ農園 ⇒ 手漕ぎボート ⇒ ココナッツキャンディー工場 ⇒ 馬車乗り ⇒ メコン川名物のエレファントイヤーフィッシュの昼食です。

 

永長寺 (Vinh Trang Temple)

まず最初に立ち寄ったのが永長寺。メコンデルタの玄関口の街ミトーにある1848年に建立された中国とフランス建築をとりいれた仏教寺院。

 

 

 

 

はちみつ農園

続いて、大型ボートでメコン川を渡り、はちみつ農園ではちみつ入りパンダンティーの試飲とロイヤルゼリーの試食。

 

その後は当然のごとく、買え買え攻撃!

 

興味のある方は、蜂箱から取り出した巣板を持って写真撮影とパイソンを首に巻いて写真撮影ができます。

無料です。

 

パイソンとの写真は、インドネシア横断時に撮影したので今回はパス。

 

手漕ぎボート

よやくメコンデルタツアー最大の目的の手漕ぎボートで約20分のクルージング。

 

注意事項として、指や手をボートから出さない!

水路が狭いので、ボート同士がぶつかったときに怪我をするので。

 

 

 

 

のんびり時が流れて気持ちいいですが、短すぎ。

正直言って、他の観光地は外して、手漕ぎボートのみで1時間ぐらい乗っていたかったです。

 

漕ぎ手がチップチップとうるさいのが苛立つ。

まあ、5000ドン (約25円)のチップで黙るので、あげましょう。

 

ココナッツキャンディー工場

続いては、ココナッツキャンディー工場でキャンディー製造工程と作りたてのキャンディーの試食。

 

基本は、新鮮なココナッツは飲料用で新鮮ではなくなったココナッツを使用してキャンディーを作るとか。

 

40分ぐらい煮込むらしい。

 

出来たキャンディーを一つ一つ包装。

 

梱包時にライスペーパーを巻いて包装するとのこと。

オブラートではないのね。

 

試食できたのはピーナッツ味のキャンディーでした。

甘くて美味しいが、ココナッツの味があまりしないのが…..

 

それ以外にコーヒー味、ココナッツ味、チョコレート味と全6種類ありました。

 

ここも当然のごとく、その後は販売タイム!

 

名物エレファントイヤーフィッシュ

なぜか昔から使用されている馬車で、15分ぐらい揺られてようやくレストランに到着。

 

メコン川の名物エレファントイヤーフィッシュの昼食タイム。

まあ、普通に焼き魚だね。

ただし、名物エレファントイヤーフィッシュを巻いた生春巻きは美味しかった。

 

それ以外は、スープ、チャーハン、春巻き、エビのBBQ、空芯菜の炒め物とそれなりの量があり。

ただし、飲み物全てが別途有料であった。

ビールが30000ドン、炭酸飲料が20000ドン、水が15000ドン。

 

レストランの周りには、ワニやヤマアラシが飼育されているので自由に見学が出来ます。

 

1時間の昼食タイム後は、大型ボートでメコン川を渡りホーチミンへ帰ります。

 

まとめ

まあ、ツアーだから仕方がないのだが、やはり余分な観光が多すぎます。

 

手漕ぎボート1時間とメコン川の名物エレファントイヤーフィッシュの昼食だけで良かったなと思いました。

 

これにてベトナム縦断の旅は終了です。

次はカンボジアへ移動です。

 

 

ブログ訪問ありがとう御座いました。

安全な楽しい旅行ライフを!

コメント