2017年5月 古都ビガン (世界遺産)

ビガン

パオアイからビガンへ

パオアイ教会の観光後、パオアイのジプニーターミナルへ行き、ドライバーを捕まえては”ビガンへ行きたい!”と伝える。

ジプニーターミナルを出発し暫くしたら、ドライバーに言われて交差点で降ろされた。

案内板も何もなかったが、交番があったのでバス停について聞いてみた。
普通の店先を指差しながら、”あそこの前で待てばバスが来る”と言われた。

40分ぐらい待っていると、”VIGAN”と書かれた来たので取り敢えず乗車。

エアコンのない窓全開のバスに揺られながら、次の目的のビガンへと向かう。

時間があるときは、バスor列車の旅が一番だね。

古都ビガン

 16世紀からのスペインによる統治下で商業、貿易の拠点として栄えた都市で、街並みが世界遺産に登録されている。

ビガンの美しい街並み

        ビガンの街並み 昼

        ビガンの街並み 夜

 街中いたるところでカレッサ(馬車)が走っている。

聖ポール大聖堂

        聖ポール大聖堂

        サルセド広場から見た聖ポール大聖堂 昼

        サルセド広場から見た聖ポール大聖堂 夜

        聖ポール大聖堂 内部

 

        聖ポール大聖堂 内部

                    聖ポール大聖堂 内部

 ビガン名物 CHICHAPOP ?

 

ビガンの土産屋さんで必ず売っていたお菓子、CHICHAPOP。
3袋で100ペソ。
フレーバーは、Cheese、BBQ、Sweet、Garlicの4種類。
油っこいが、クセになる美味しさ。
 
ビガン以外で見かけたのは、フィリピン最後の秘境といわれるパラワン島に行った時だけでした。
 
見かけたら、是非お試しあれ!

バスでビガンからマニラへ

朝6時にホテルをチェックアウトし、時刻表も確認せずにバスターミナルへ。
チケット売り場でマニラまでのチケットを購入すると、ラッキーなことに、10分でマニラ行きのバスが発車するとのこと。
 
料金は650ペソぐらいだったと思う。
フィリピン含むアジアの長距離バスでよくある、ガンガンに鳴り響く音楽冷房地獄に耐え21時過ぎにマニラへ到着。
 
休憩は2回あり。
 
  

ブログ訪問ありがとう御座いました。

安全な楽しい旅行ライフを!

コメント